So-net無料ブログ作成

SJISロケールを使う [Linux]

SJISで書かれたスクリプトをいじくるために
$ export LANG=ja_JP.sjis

とするもSJISにならない。

調べてみると、
# locale -a | grep ja
ja_JP
ja_JP.eucjp
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
japanese
japanese.euc

SJISがなかった。
どうもRedHat系はSJISをサポートしてない様子。

ということでlocaledefでSJISロケールを作成。
# localedef -f SHIFT_JIS -i ja_JP ja_JP.SJIS
character map `SHIFT_JIS' is not ASCII compatible, locale not ISO C compliant

サポート外ということもあってか、エラーらしきメッセージが出てしまったが、
# locale -a | grep ja
ja_JP
ja_JP.eucjp
ja_JP.sjis
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
japanese
japanese.euc

大丈夫そう。

SJISを常用する場合は、
export LESSCHARSET=sjis

あたりもやっておくといいかも。

ファイルを使用しているプロセスを調べる [Linux]

NFSなどをアンマウントする際に、「デバイスを使用中です」と出た場合は、そのデバイス(ファイル)を使用しているプロセスを排除しないとならない。

この際に使用するのがlsofコマンド。
lsof /mnt/hogehoge

これで使用しているプロセスが判明する。

犯人はsuする前の自分だったりすることが往々にあるのはご愛嬌。
タグ:linux

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。