So-net無料ブログ作成

Googleウェブマスターツール認証の「システムに一時的な問題」 [Web]

Googleのクローラやインデックスの状況確認や設定を行うためのGoogleウェブマスターツールがある。(Yahooではサイトエクスプローラーがこれに相当する)

このツールでクローリングの設定を行うためには、まず自分がサイト管理者であるということを証明(認証)しなければならない。
認証方法は、ツールが指定してくるURLに対してアクセス可能にすること。
要求どおりファイルを置けるということは管理者なんだろう、という判断だ。

たとえば、http://www.example.com/ というサイトに関してクローリングの設定を行いたいという場合は、
http://www.example.com/google*************.html
というURLがレスポンスコード200(リクエスト成功)を返すように要求される。
(*************はランダムな半角英数字)

ファイルを設置するなりしてGoogleに読み込ませると認証は完了し、そのサイトに関するクローリング設定やインデックス操作を行うことができるようになる。


ここからが本題。

あるサイトにBASIC認証を掛けたんだけど、すでにGoogleのインデックスに登録されてしまっているのでこれを削除したい。
そんなわけでウェブマスターツールを使うためにrobots.txtやGoogle指定のファイルへのアクセスを許可するためにapacheの設定変更。

SetEnvIf Request_URI "robots\.txt$" nopass
SetEnvIf Request_URI "google****************\.html$" nopass
<Location>
AuthType Basic
AuthName **********
AuthUserFile ***************
Require valid-user
Order allow,deny
Satisfy any
Allow from env=nopass
</Location>


http://xxxxxxxx/google****************.htmlにアクセスできることを確認してGoogleに読み込ませる。
しかし「システムに一時的な問題が発生しました。」と表示されて認証が成功しない。

アクセスログを確認すると、/google****************.htmlへのアクセス(レスポンスコード=200)の他になぜか/noexist_***************.htmlというファイルへのアクセスがあった。
後者はBASIC認証が聞いているのでレスポンスコードは401(未認証)。

Googleグループによると、「指定したURL以外のページのレスポンスコードが404(存在しない)になっていることを確認するため(意訳)」とのこと。
確かにどんなリクエストでもとりあえず200を返しちゃうようなサーバがあったらこんな認証は全く意味がないわけだけど、なんか不親切だなぁ。

というわけで以下の設定を追加することで認証成功。
SetEnvIf Request_URI "noexist_****************\.html$" nopass


タグ:Google SEO
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。